アルコール依存症で苦しんだ主婦の備忘録

うつ病のクリニックの選び方!いい病院ってどんなとこ?

2021/10/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ド貧乏な家に生まれ、両親は離婚して更にド貧乏。やっと小金持ちの男と結婚できたと思ったらちょっとアウトローな男だった。 幼少期から、アル中になる素質、深い闇はあったのかもしれないけれど、結婚生活のさなか、キッチンドランカーから本格的なアル中に。子供3人育てながら毎日お酒、飲んでました…。あれからウン十年、今は全く飲んでいません。少しだけ幸せになれました。

今朝ウォーキングする時は雨が残っていて「ウォーキングやりたくないな~」なんて気分も乗らなかった。

でも、何だかお日様が差し込んできた今はわけもなく気分がノリノリ!

人って不思議、お天気で気分が左右されるんですもの、それって私だけ?

そう、うつ病の人はお天気に左右されることなく毎日がつらいはず。

そんなうつ病の人に何かお手伝いできることはないかと考えていたところ、これなら私にもできるのでは?と思いついたことが

うつ病のクリニックの選び方と良い病院ってどんなとこだか紹介すること!

ぜひ、参考にしてくださいね♪

うつ病のクリニックの選び方!

最近、気分が滅入ってしょうがない。

気分だけでなく、身体の調子も悪い。

これって病気?

病気だとしたら何科で診てもらえばよいのか調べてみました。

うつ病は内科から

病気になると、風邪などの症状がハッキリしているものなら内科に行きますが症状によっては何科で診てもらったらよいのかわからないことありますよね。

うちの次女もナースなのですが、体調を崩すことが多く女性特有の病なのかホルモンの関係なのか自立神経なのか相談されることがあり

「ナースがわからんもの私にわかるわけない!」と口には出しませんが思ってしまいます(-_-;)

でも、私は「とりあえず、内科に行って相談してみることだね」とすすめているんですよ。

うつ病は一見、気分の落ち込みやネガティブな思考などの心の症状だけだと思われがちですが

人によっては倦怠感や不眠、胃痛、頭痛、吐き気、下痢などの症状が出ることもありますよね。

(もちろん、身体的な症状がない人でも内科で相談することはできます)

内科で、症状を詳しく相談してみるとその病態の根源が明らかになります。

内科ではやっぱり身体的な不調についての検査や診断を下されますが

そこで身体的症状のなどの治療をおこなった上で必要なら精神科や心療内科などに転院をすすめられます。

それに、うつ病でも最初から精神科や心療内科に行くのはハードルが高いと思われている人もいますよね。

自分がうつ病ではないかと思い、初診に内科を選ぶ患者さんはうつ病患者全体の60%以上にも及ぶという報告もあるようですよ。

だから、あなたも安心して初診は内科で症状を相談してみましょう。

うつ病と診断されたら

勇気を振り絞って内科で相談、数々の検査をしてやっぱりうつ病だと診断された、結局これからうつ病の病院を探さなきゃ...(-_-;)

いえいえ、そんなことはありませんよ!

今のお医者様は親切丁寧、安心安全なところが多いはず...たぶん

実際、私も形は違いますがアルコール依存症で苦しんでいた時

通院していたメンタルクリニックがアルコール専門のクリニックを探してくれたのです。

あれはもう、15年以上も前のこと

私はうつ病だと思っていたので最寄り?のメンタルクリニックに通っていましたが、やっぱりただのうつ病ではなくアルコールから来るうつ病だと判明。

そこの院長先生と看護師さんがアルコールを扱う、しかも糖尿病患者である私のために必死になって病院を探してくれたのです(´;ω;`)ウゥゥ

あの頃はまだそれほどインターネットの普及もなく、しかも院長先生も看護師さんもちょっとご年配なため探す手段は電話でした。

あちらこちらの病院に電話をかけ、私の症状を説明して相談、しかも診察中に...(ほかの患者さんごめんなさい)

受入可能なのか不可能なのかを調べてくれたのです。

そして、見つけてくれたのが私が本気でお酒をやめる決心に結び付いたアルコール専門クリニックでした。

もう、感謝しかありません。

内科でうつ病だと診断されたら専門の心療内科や精神科を紹介してくれます。

だから自分で探さなくても大丈夫です。

もちろん、教えてもらった病院に通うことが難しい場合は別の病院も探してくれます。

だから、あなたは内科で書いてもらった紹介状を持って教えてもらったクリニックに行けば良いだけです。(診察料も忘れずにね)

あ、予約が必要な場合もあるのでそこはチェックしてくださいね。

内科はあなたが日頃、風邪やインフルエンザの予防接種などでかかっている病院でOK。

最初からうつ病の病院に行きたい

うつ病かなと思うけど何科で診てもらったらよいのかわからないという人の初診は内科をおすすめしますが

内科ではなく初診からきちんとうつ病の診察をしたいという人は、心療内科や精神科のクリニックになります。

昔は、精神系の病院を受診することはかなり勇気が必要で一駅違う病院に行ったりする人もいました。

でも最近は精神系の病気にかかる人も多く、「メンタル○○」や「心の○○」などと軽い名称で気軽にに誰でも行ける雰囲気になっています。

それでは、心療内科と精神科って同じなのでしょうか?

心療内科と精神科の違い

うつ病の病院に行きたいのだけど、わからないから内科に行って紹介された病院が心療内科でも精神科でも安心だと思います。

ですが、内科は大丈夫みたいだから最初からうつ病の病院に行きたいという人は、ここでまた悩んでしまうでしょう。

心療内科と精神科にはどんな違いがあるのでしょう。

心療内科とは

心療内科とは、うつ病(心の病)の要因がストレスなどで身体的な症状(心身症)がある人におすすめの病院です。

または、身体的な症状である倦怠感や頭痛、胃痛、吐き気などを感じて内科で検査したものの何の異常もないと診断されてしまった。

そんな人にも心療内科で受診することをおすすめします。

診てくれるのは精神科医、または内科医であることもあるようですよ。

また、心療内科では主に次のような病気を診てくれます。

・めまい

・吐き気

・片頭痛

・緊張型頭痛

・片頭痛

・円形脱毛症

・失語症

・アトピー性皮膚炎

・気管支喘息

・胃潰瘍

・過敏性腸症候群

・2型糖尿病

・肥満

・高血圧 などなど

なんか、心療内科とは関係ないような病気まで取り扱っているのですね。

ということは、私の糖尿病も心身症なのでしょうか?(いや、ただの酒の飲みすぎです)

とは言え、自分の症状がどんな病気なのかわからないですよね。

そんな人は次のような症状があったら心療内科に行ってみてくださいね。

・朝やっとの思いで起きて仕事に行こうとすると腹痛や下痢に

・めまいや立ちくらみがする

・息苦しい、喉に何かが詰まったような感じがする

・胸焼けが収まらない、空腹を感じないなど胃の調子が悪い

・肩こり、腰痛が長引いている

・身体が怠い

・疲れが取れない

・何も悲しいことなんかないのに涙が出る

・人間関係に悩んでいて気分が落ち込んでいる

・耳鳴りがする

・手や足がだるく感じる、痺れた感じがする などなど

ここに挙げた以外にも様々な症状がありますが、このように何が原因でその症状を発症するのかわからない場合は

自律神経のバランスを崩していることが考えられます。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、活動的になる時に優位になるのが交感神経、ゆったりモードになる時に優位になるのが副交感神経です。

毎日のストレスでこの交感神経と副交感神経のバランスが崩れ自律神経失調症になっている可能性もあり

自律神経は身体の心臓、胃腸、末梢神経などあらゆる器官に影響を与えるため、この影響から心への不調につながると思われます。

精神科とは

精神科は心療内科と違い、心の症状がハッキリ現れている人におすすめです。

また、精神神経科という標榜している病院もありますがこれは精神科と同じ診療だそうです。

精神科では主に次のような病気を診てくれます。

・うつ病

・パニック障害などの不安症

・アルコールや薬物などの依存症

・解離性障害

・強迫障害

・睡眠障害

・摂食障害

・双極性障害

・統合失調症

・PTSD

・発達障害

・認知症  などなど

精神科も自分の病気が何であるかわからない場合は次のような症状がある人が相談されています。

・朝は気分が重く起きれない

・いつもドキドキして不安が絶えない

・誰かが見張っている、つけられている気がする

・いつも人に悪口を言われている気がする

・集中力がない

・疲れているのに眠れない、あるいは過眠

・食欲不振あるいは過食

・朝の気分と夕方以降の気分が違う

落ち込んでいる時と気分爽快な時の差が激しい などなど

こちらも一例ですが自分で以前とは違う、心がつらい苦しいとお悩みの人は精神科の受診をおすすめします。

うつ病の初期症状については下の記事に詳しく書いてあるので参考にしてくださいね▼

起きれない、やる気が出ない。うつ病の初期症状を6つの項目でチェック!

また、メンタルクリニックという標榜もありますが

メンタルクリニックは心療内科、精神科、神経科などの心の病気を取り扱うという意味で診療科目ではないということです。

いい病院ってどんなとこ?

病院が決まっても、本当にいい病院かどうかわからないと不安ですよね。

まずは、次の点を注意してください。

・顔を見てしっかりと話を聞いてくれるか

・通院歴などを聞いてくれるか

・投薬治療ばかりをすすめるか

・同じ効果のある薬を大量に処方してないか

・病院のホームページを随時更新しているか

・ホームページに医師の経歴が掲載されているか

・実績はあるか

うつ病で苦しいのにこれらを観察することは難しいかもしれませんが、いつまで通っても改善しないで悪化してしまったら大変。

本当に良い病院を見つけるのは通っていた人の口コミも重要ですよね。

または誰か信頼できる人に教えてもらう。

もし、いい病院を知っていたら教えてくださいね。

内緒で皆さんに公表します(笑)

あ、私も知っているのでお聞きになりたい人はメッセージお待ちしてます!(しかし、私が住んでいる地域限定)

Twitter バービー元アル中

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

皆さまの精神と身体の健康を心からお祈り申し上げます。

 

webライターやってます。

ご依頼はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ド貧乏な家に生まれ、両親は離婚して更にド貧乏。やっと小金持ちの男と結婚できたと思ったらちょっとアウトローな男だった。 幼少期から、アル中になる素質、深い闇はあったのかもしれないけれど、結婚生活のさなか、キッチンドランカーから本格的なアル中に。子供3人育てながら毎日お酒、飲んでました…。あれからウン十年、今は全く飲んでいません。少しだけ幸せになれました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アルコール依存症からの脱却ブログ , 2021 All Rights Reserved.