アルコール依存症で苦しんだ主婦の備忘録

おうちでエステ、新次元の美顔器NANOA LIFTIAでアンチエイジング!

2022/05/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ド貧乏な家に生まれ、両親は離婚して更にド貧乏。やっと小金持ちの男と結婚できたと思ったらちょっとアウトローな男だった。 幼少期から、アル中になる素質、深い闇はあったのかもしれないけれど、結婚生活のさなか、キッチンドランカーから本格的なアル中に。子供3人育てながら毎日お酒、飲んでました…。あれからウン十年、今は全く飲んでいません。少しだけ幸せになれました。

最近、お肌のハリがないし、くすみも気になる。

スキンケアも頑張っているんだけど、効果を感じない。

いっそのこと、サロンに行ってエステしてもらおうかしら。

なんて、お悩みじゃないですか。

そんな方にぜひ、おすすめしたいのが今回ご紹介するエイジングケア美顔器の

NANOA LIFTIA(ナノア リフティア)です!

この記事では、NANOA LIFTIAの魅力をたっぷりお伝えしているので

ぜひ最後まで、ご覧くださいね♪

NANOA LIFTIAの魅力

女性も30歳を過ぎた頃からお肌のハリやツヤがなくなり、何かとトラブルが起こりがちになりますよね。

40歳を過ぎると、シワやたるみも目立つようになり自分でおこなうスキンケアに限界を感じる頃ではないでしょうか。

私は年齢も年齢なので自己スキンケアをあきらめていましたが、そんな時に出会ったのがNANOA LIFTIA!

NANOA LIFTIAの光エステ効果

NANOA LIFTIAは一見、何の変哲もないただのマッサージ器のような本体ですが

いざ、スイッチをONしてみると赤く光ったり青く光ったりしてビックリ!

これが、エイジング肌に嬉しい新メソッドのLED光エステだったのです~。

・赤色LED➡真皮まで到達してお肌の調子を整えます。

赤色LEDは2種類、温熱効果で皮膚の奥まで浸透するような気がします。

・青色LED➡振動しながらゆっくり動かすことでお肌にハリを与え引き締まっていく感覚があります。

つまり、赤色LEDでお肌の調子を整え、青色LEDで顔の筋肉に働きかけリフトアップしてくれるということですね!

エッセンスがイオン導入される

NANOA LIFTIAを使用する際は本体に美容液か化粧水のエッセンスボトルをセットします。

お顔に本体を近付け、後ろのボタンを押すとそのエッセンスが射出するのでより浸透され効果を実感できます。

なんと!

毎分1万回の振動で成分をイオン化導入、お肌のすみずみまで美容成分が送り届けられるというわけです。

NANOA LIFTIA1台で何役も活躍する、ありがたい美顔器ですよね~。

鏡を見るのが嬉しくなる美顔器

というわけで、NANOA LIFTIAを使いだしてまだ2週間足らずですが

使用後数日で鏡に写る自分の顔が信じられないほど白く感じたのには驚きを隠せません。

毎日、鏡を見るのが嬉しくなりました!

くすみが消えた

別に漂白したわけではありません(笑)

きっと、くすみがなくなったのではないかと思うのですよね~。

肌のどこが?という感じではなく顔全体が白くなったような気がします。

あとは、私の1番の悩みであるたるみの改善を期待したいと思います!

NANOA LIFTIAの使い方

本体がとても軽いので片手で操作できます。

前面にあるボタンを3秒程長押しすると赤色LED+EMS、もう1度押すと赤色LED+EMS+RFラジオ派の温熱効果

そしてもう1度押すと青色LED+高周波振動を感じることができます。

後ろのエッセンスボトルのボタンを押しエッセンスを射出させ、ゆっくりと下から上へ。

あるいは左右に。

これらをご自分のお肌の状態に合わせてお使いいただけます。

ご使用後は再度長押し。

週に3~4回、1回5~10分程度でOKです。

お風呂上りの毛穴が開いているタイミングがおすすめ。

あなたもNANOA LIFTIAでもう一人の自分に出会ってみませんか!

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ド貧乏な家に生まれ、両親は離婚して更にド貧乏。やっと小金持ちの男と結婚できたと思ったらちょっとアウトローな男だった。 幼少期から、アル中になる素質、深い闇はあったのかもしれないけれど、結婚生活のさなか、キッチンドランカーから本格的なアル中に。子供3人育てながら毎日お酒、飲んでました…。あれからウン十年、今は全く飲んでいません。少しだけ幸せになれました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アルコール依存症からの脱却ブログ , 2022 All Rights Reserved.