アルコール依存症で苦しんだ主婦の備忘録

人生を無駄にしてしまったアル中さん、投資・資産運用をはじめてみませんか!

2020/11/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ド貧乏な家に生まれ、両親は離婚して更にド貧乏。やっと小金持ちの男と結婚できたと思ったらちょっとアウトローな男だった。 幼少期から、アル中になる素質、深い闇はあったのかもしれないけれど、結婚生活のさなか、キッチンドランカーから本格的なアル中に。子供3人育てながら毎日お酒、飲んでました…。あれからウン十年、今は全く飲んでいません。少しだけ幸せになれました。

皆さん、こんにちは!

アルコール依存症のバービーです。

最近、テレビを点ければ嫌でもアメリカの大統領選挙の話題が耳に入ってきましたが、ようやく民主党のジョー・バイデン氏に決まったようですね。

そしてもう1つ、新型コロナウイルスのワクチン開発が大きく前進するという吉報もありました。

それに伴ってなのか、何となく日本経済の動きも活発になっているようです。

今日は、タイトルを見て驚かれた方もいると思いますが、投資や資産運用のお話をしたいと思っています。

ですが!

私は投資や資産運用なんて全くのド素人なので、これから皆さんと一緒に勉強しながらより良い情報を共有できたらと思っています。

ぜひ、ご覧くださいね♪

投資と資産運用は同じ?

まず、ここでは投資と資産運用について簡単に説明できたらと思います。

投資と資産運用って同じじゃないの?って思ってしまいますよね。

私もどこが違うのかイマイチ分かりませんでした。

投資:将来が有望な投資先に資金を投じること

資産運用:自分の持っているお金で資金を増やしていくこと

う~ん、これでもよく分かりませんよね。

でも、私たち素人はこの辺の区別はびっちりとつけなくても大丈夫みたいですよ(たぶん^_^;)

今流行っている?投資・資産運用

はい、初っ端からくじけそうになりましたが、要するにお金を増やしていくと言うことには変わりありませんよね(笑)

ところで、うちではアウトローな旦那が昔から株をやっていて一時は株の儲けで生活をしていたこともありました。

そんな家庭でしたが、私はというと「株ってどこで売っているの?八百屋さん?」なんて冗談にもならないことを本気で思っていたくらい。

そもそもアウトローな旦那は大のギャンブル好きですから、株もギャンブルとしての扱いだったような気がします。

ところが、ここに来て旦那はご存知の通り膵癌(すいがん)に。

それなのに、あ~それなのに!

保険に加入していなかったのです!!

それと関係があるのかないのかはよく分かりませんが、突然、近所の銀行(信用金庫)へ行って「NISA(ニーサ)」とやらの投資をしてきたのでした。

そして、株の取り引きをしている証券会社からは「ラップ」という投資話もあったようです。

「NISA(ニーサ)」やら「ラップ」やら何のこっちゃと思っていたのですが、どうやらうちの子どもたちはもうすでに

「つみたてNISA」という投資をしていたのでした。

NISA(ニーサ)とは

私が結婚した頃はまだ貯金しているだけでお金が溜まる時代でした。

利息が結構すごくて、割と良い給料をもらっていた昔はホイホイとお金が溜まったものです。(※昔のことです)

利率とやらは覚えていませんが、今では信じられない数字だったと思います。

ところが、現在はどうでしょう、銀行にお金を預けておいても本当に保管してもらっているだけで利息の利の字もつきませんよね。

それでは、どんなに待っていてもお金が増えることはないでしょう。

自分のお金は自分で増やさないと!

そこで最近は、投資をする人が増えているのです。

しかも、若い人たちがすごい!

ひと昔前は、投資というとお金持ちがもっとお金を増やすためにやっている、または、ある程度まとまったお金が必要。

こんなイメージがありましたが、実際は違うようです。

本当に数千円から投資ができるんですって!

それに適した制度が「NISA」(少額投資非課税制度)なんです。

NISAとつみたてNISA

普通、投資で得た利益は20%の税金が課せられます。

ところが、「NISA」は5年間非課税となって全額が受け取れるメリットがあるのです。

そして、「NISA」は日本に住んでいる20歳以上の人ならどなたでもNISA口座を開設することができちゃいます。

ただし、「NISA」は年間投資枠が120万円までと決められています。

ということは、最大

120万円×5年間=600万円が非課税で投資できるということ。

こちらが、いわゆる「NISA」ですが次は「つみたてNISA」です。

「つみたてNISA」は2018年1月から始まった制度で私たちのような投資初心者からでもチャレンジしやすくなっています。

「つみたてNISA」も20歳以上の年齢の方が対象ですが、最大期間が「NISA」の5年とは違い20年と長くなっています。

その代わり、年間非課税枠は40万円

総額にすると40万円×20年間=800万円になりますよね。

だからこそ、こちらの「つみたてNISA」は断然、お若い方におすすめ!

少ない金額で老後の安定がゲットできるのです。

ということで、「つみたてNISA」は毎月ほんの数千円からでも積立できるということ。

普通に銀行に預金するよりも長い目で見たらお得なのではないでしょうか!

どっちがお得?

実は、私も「NISA」「つみたてNISA」どっちがお得か分からなくて証券会社に電話を掛けて聞いてみたのです。

でも、そんなの教えてくれるはずありませんよね(笑)

投資をする目的によって変わってきますから...。

NISAはロールオーバーができると言うメリットがあります。

ロールオーバーと言うのは、「NISA」で5年間の非課税期間が終わってしまった後でも

また「NISA」を使用して5年間の非課税運用が続けられるシステムのこと。

つまり、非課税期間の延長ということですね。

また、「NISA」の場合は株式や投資信託で一括投資したり積み立てを行いますが「つみたてNISA」は投資信託で積み立てをします。

「NISA」にするか「つみたてNISA」にするかは運用計画によって違ってくるようです。

どちらかと言うと、大きな金額を短期間で投資したいと考えている人は「NISA」向き

老後のためにじっくりと投資していきたいという人には「つみたてNISA」向きと言えるのではないでしょうか。

もちろん投資には他にもたくさんの種類があります。

今日は、ちょっと私も聞きかじった「NISA」「つみたてNISA」について触れてみました。

とりあえず私は、楽天証券で「NISA」を始めてみました!

楽天カードがあれば、たとえば「つみたてNISA」をクレジット決済することができちゃうのです。

何とも便利ですよね。

そこで今日は楽天カードをご紹介したいと思います。

楽天カード

楽天カードのクレジット決済で毎月積み立てていくと、楽天ポイントもつくので楽々ですよね♪

ちなみに、楽天カード決済は毎月1日の積み立てになります。

そして毎月の積立額に楽天ポイント、楽天証券ポイントを利用することも可能なんだとか。

また、決済額に応じては楽天カードから楽天ポイントが100円につき1ポイントが付与されます。

これは断然、お得ですよね!

「NISA」についてはう~ん、ちょっと私の説明だけでは不安だという人には!

次の動画を観ていただき、納得していただきましょう。

イケハヤさんの動画はとても分かりやすくてためになる解説なので参考にしてくださいね!

気になるビットコイン

そして今、とっても気になるのが仮想通貨のビットコインです。

ビットコインについては、NISAよりもっと理解不能です(-_-;)

しかし、なぜか私は4~5年前に1万円だけ購入していました。

たしか、長女の勧めだったと思います。

最近になってやたらと「ビットコイン、ビットコイン」と聞くようになって調べてみると、何とビットコインが爆上げしていたのです!

ビットコインって何?

そうなのです、こう書いている私ですらビットコインのことがよく分かりません。

そこでまた、こちらの動画をご紹介したいと思います。

誰が聞いても分かりやすい池上さんの解説なので私のように投資に疎い人でも大丈夫!

いかがでしょうか?

少しは理解できたのではないでしょうか。

「ビットコインはダイヤの発掘みたいなもんだ」と言っていましたが、まさにそんな感じ。

世界中のみんなでその価値を高めていくことができるのですね。

もちろん、ビットコインもわずかな金額から購入することができます。

投資とは決して大金をつぎ込むわけではなく、生活費の中からほんの少し捻出するだけで大丈夫なようです。

だからアル中さんも、頑張ってお酒をやめた分のお金を投資に廻してみませんか!

次回は、投資ってどうやって始めるの?

どうやって買ったり売ったりするの?

などを一緒に考えてみたいと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの心と身体の健康を心からお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ド貧乏な家に生まれ、両親は離婚して更にド貧乏。やっと小金持ちの男と結婚できたと思ったらちょっとアウトローな男だった。 幼少期から、アル中になる素質、深い闇はあったのかもしれないけれど、結婚生活のさなか、キッチンドランカーから本格的なアル中に。子供3人育てながら毎日お酒、飲んでました…。あれからウン十年、今は全く飲んでいません。少しだけ幸せになれました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アルコール依存症からの脱却ブログ , 2020 All Rights Reserved.