アルコール依存症で苦しんだ主婦の備忘録

心を失くした長男の悲劇

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ド貧乏な家に生まれ、両親は離婚して更にド貧乏。やっと小金持ちの男と結婚できたと思ったらちょっとアウトローな男だった。 幼少期から、アル中になる素質、深い闇はあったのかもしれないけれど、結婚生活のさなか、キッチンドランカーから本格的なアル中に。子供3人育てながら毎日お酒、飲んでました…。あれからウン十年、今は全く飲んでいません。少しだけ幸せになれました。

 

今日は糖尿病の検診に行ってきました。

結果はまぁまぁだったので一安心。

そこで主治医との会話が面白かったんです。

まぁ、食事や運動などの日常の生活習慣のことを聞かれて、いつものことを話しました。

 

先生

「素晴らしいね〜!」

「素晴らしいんですよ〜!」

先生

「あれは何だったんだろうね〜?」

「私は生まれ変わったんですよ!」

先生

「本当だね、ワハハハハ〜!」

 

 

この病院では直接、アルコール依存症では罹っていません。

 

でも、アルコール依存症で糖尿病になってしまったので、それまでの経緯をお話ししなくてはならないし、連続飲酒してしまいアルコール専門医まで行くのは我慢できず1度だけ点滴をしてもらったことがあったのです。

 

 

私のカンでは、先生もお酒では苦い思い出がたくさんあるみたい(笑)

だって、私にとっても甘いんですよ。

 

 

可哀想な少年時代!

 

 

 

私は今、孫(男児 8歳)を引き取って面倒をみています。

長男の子供です。

 

3人の子供達に対して申し訳ないことを沢山してきたわけですが

 

長女と次女は、大人になる過程で少しずつ信頼を取り戻すことができた   と勝手に思っています。

 

ところが、この長男はやはり男子ということもあり、話しをしない。

 

関わりたがらない?

 

小さな頃からそうでした。

 

私のアル中がまだ酷くない頃は、私、長女、次女と女が3人集まると姦しいと言われるくらい、やかましかったようで

 

長男は3人兄弟の真ん中で、女子チームの中に入ることも出来ず

かといって、父親(変な奴)とも話せず、関わらず、浮いた状態でした。

 

父親、旦那は男子には変に厳しく

甘えることを許しませんでした。

 

そうこうしているうちに、母親はアル中に。

 

長男は自分の感情を出さなくなってしまいました。

 

まだ3歳なのに泣いていると

「男がメソメソ泣いてるんじゃない!」

と、怒られ

 

すき焼きで肉を食べようとすると

「子供が肉なんか食べるんじゃない!」

と、怒られ

 

お笑い番組を見て笑っていると

「こんなの見て笑ってるんじゃない!」

と、怒られ

 

何をしても怒られるような感じでした。

 

それを庇ってあげられなかったんです。

 

庇うと更に興奮して怒るから。

 

おまけに母親はアル中になるし。

 

長男に対して、何かをしてしまった という思いはあまりなくて、何もしてあげられなかった。

 

だから?

長男が何を考えているのかさっばり分からなくて、母親にも甘える術を失ってしまったようです。

 

父親から守ってあげることが出来ない母親。

 

それを言い訳にして、更に酒をあおる母親。

 

それでも、長男は小さな頃から剣道をやっていたので

忍耐力はあったのでしょう。

 

そんな長男は大学卒業と同時に家を出ました。

 

 

居場所のない長男の自立

 

 

きっと一刻も早く家を出たいと思っていたのでしょう。

 

何をしても怒るだけの父親、訳の分からないアル中の母親。

 

長男の剣道の仲間で、母親同士も仲の良い友達がいます。

 

その友達から聞いたのですが

 

息子達が飲み会で母親の愚痴になったようで、

どこの息子も

「うちの母ちゃんはうるさくて、しょうがないんだよ〜!」

みたいな話しをしてると

我が息子は

 

「そんなのいいじゃないか、まだましだよ。

うちの母ちゃんはキチガイだぜ!」

 

と、言ったそうです。

 

ちゃんと見てたんですね、私がキチガイだということ(笑)

 

家を出てからは全然音沙汰なしでした。

どこで何をやっているのやら、メールしても返事はありません。

 

それがある日突然、メールが入ったんです。

 

突然のメールで結婚、出来ちゃった報告

 

幸せな家庭を夢見ていたのでしょうか。

 

「子供が出来たので結婚します!」

 

というメールを読んだのは、私が酔っ払って実家に帰ってた時のことでした。

 

酔っていてもビックリしました。

 

突然、そんなこと報告されても…

 

 

でも、嬉しかったんです。

 

だって、あの子が

 

あの長男が、結婚するなんて、しかも子供まで授かり、命を育もうとしているなんて。

 

 

私は我に返りました。

 

「孫が出来る、孫が生まれるんだ。

お酒なんて飲んでられない!!」

(これで、お酒がやめられたかやめられなかったかは、後日のお楽しみ?)

 

それから9年。

 

息子は嫁に浮気され、離婚しました。

 

嫁の浮気は決定的な理由にはなりましたが、私は息子が全体的に悪いのだと思ってます。

 

離婚の理由はそれぞれあるでしょう。

 

息子が悪い、息子は心が育ってなかったのです。

精神は学校や剣道などで、多少は身についたかもしれません。

 

心を育ててあげなかった私が悪いと思っています。

 

だから、神さまが

 

「もう一度、子育てをしなさい。」

 

とでも言うように、孫(男児 8歳)を引き取ることになっ    ちゃったんです〜(泣)

 

 

結局は私に跳ね返ってきちゃった、ということですよね。

 

ちなみに、息子は子供に大甘なパパになってます。

 

 

そんな息子が

心は取り戻すことが出来たのでしょうか?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ド貧乏な家に生まれ、両親は離婚して更にド貧乏。やっと小金持ちの男と結婚できたと思ったらちょっとアウトローな男だった。 幼少期から、アル中になる素質、深い闇はあったのかもしれないけれど、結婚生活のさなか、キッチンドランカーから本格的なアル中に。子供3人育てながら毎日お酒、飲んでました…。あれからウン十年、今は全く飲んでいません。少しだけ幸せになれました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アルコール依存症からの脱却ブログ , 2019 All Rights Reserved.