アルコール依存症で苦しんだ主婦の備忘録

アルコール依存症におすすめの有名病院!アル中かと思ったらまず病院へ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ド貧乏な家に生まれ、両親は離婚して更にド貧乏。やっと小金持ちの男と結婚できたと思ったらちょっとアウトローな男だった。 幼少期から、アル中になる素質、深い闇はあったのかもしれないけれど、結婚生活のさなか、キッチンドランカーから本格的なアル中に。子供3人育てながら毎日お酒、飲んでました…。あれからウン十年、今は全く飲んでいません。少しだけ幸せになれました。

皆さん、こんにちは!

アルコール依存症のバービーです。

私のブログをお読みいただいている人ならお分かりかと思いますが、最近の私はバンバン!ブログを更新しています。

それはどうしてかと言うと

断酒が継続できて、心身ともに元気だからです!

このブログをご覧いただいているほとんどの方が、ご自分がアルコール依存症であるか、ご家族にアルコール依存症者がいる方だと思います。

だから、私のブログを読んでいただき、アルコール依存症には必ず回復があることを知ってほしいのです。

それにはまず、病院で治療を受けることがとても大切。

今日は、アルコール治療で有名な病院をご紹介してみたいと思います。

なぜ、治療が必要か

あなたは、風邪をひいて何日も治らなければ病院に行きますよね。

胃の調子が悪くて市販の薬を飲んでも治らなければ治療を受けに行きますよね。

では、お酒が何日も何ヶ月もやめられないときはどうしたら良いのでしょう。

アルコール依存症は病気

お酒を飲むのがやめられない、それはもう立派なアルコール依存症という病気です。

単にやめられないというのではなく基準はありますが、やめようと思ってもやめられないという時点で病気と言えるでしょう。

ちなみに、私が考えたアルコール依存症の基準を書いた記事があるので良かったら参考にしてみてくださいね▼

あなたは何個当てはまる?アル中経験者が考えた『アルコール依存症チェック』

こちらでチェック項目が2~3個あるとアルコール依存症の疑いありですね。

そうなんです、そしたらもうあなたは私たちのなか~ま、アルコール依存症という病気なんですね~。

病気なら病院で治療しないと回復は見込めません。

なぜなら

アルコール依存症の成れの果ては「死」だからです。

心の傷を治療するためにも病院に行くことは必須ではないでしょうか。

心の矯正ができる

きっと、あなたも苦しくて苦しくてもがいているのでしょう。

心の傷から血が止まらないのかもしれません。

病院での治療はもちろん、診察して注射や点滴、投薬など医療的な治療もあります。

でも、これで身体的にはスーっと楽になるのです。

私も最初は点滴がつらくてつらくて嫌いだったのですが、治療初心者や再飲酒者は点滴を受けさせられます。

でも本当に身体が楽になるからアレ不思議!

身体が楽になると精神も少しは落ちつくものです。

これに気がついてからはスリップ(再飲酒)してもヘッチャラ、点滴すれば怖くない!(本当はいけません)

でも、精神は?心の治療は?

これに関しては、専門スタッフである臨床心理士さんやカウンセラーが相談に乗ってくれます。

専門スタッフはケアワーカーとも呼ばれ、男性も女性もいるので異性では相談しづらいということもありませんよ。

そして、ほとんどの病院に併設されているデイケアがあり精神的なリハビリ、つまり心の矯正ができるのです。

アルコールデイケアとは

全部が全部のアルコール専門病院で行っているかどうかは定かではありませんが、ほとんどの病院で行われていると思われる

アルコールデイケア

ここでは私の通っていたアルコール専門クリニックのデイケアの様子を紹介したいと思います。

デイケアの目的

私たちアルコール依存症者はお酒を飲まない、お酒を使わない日常生活のリズムを取り戻さなくてはなりません。

昼間でも1人でいると、不安感に襲われたり孤独を感じてついついお酒に手が伸びてしまいます。

また昼間、デイケアに通うだけでも規則正しい生活になり体力的にも向上が目指せます。

デイケアではたくさんの仲間がいるので少しずつ友好を深め、社会復帰も目指せるのです。

プログラム

ほとんどのデイケアでは月~土曜日の日中、午前は10時30分~12時まで午後は1時半~3時ぐらいまでをデイケアの時間に充てています。

お昼休憩が1時間半と長いのがちょっとつらく間が持たないため、暇つぶしに苦労することはありましたね。

その病院によって多少違いがあるかもしれませんが、人がおとなしく?椅子に座っていられる時間が1時間半だそうです。

そしてプログラムとしては、例えば

月曜日→午前:ミーテイング 午後:卓球

火曜日→午前:認知行動療法 午後:カードゲーム

水曜日→午前:医学的講義 午後:ビデオ鑑賞 などなど

ほかにも、外へ出て散歩(ウォーキング)、花見、カラオケといったこともありましたし、近隣の競技場を借りて運動会をしたこともありました。

デイケアでは、あらゆる方法を用いてアルコール依存症者の考え方や生き方を矯正する手助けをしてくれるのです。

ミーティングとは

デイケアで行われるミーティングというのは、自助会のAAや断酒会と同じように、自分の話をする場です。

テーマが与えられますが、別にテーマにそぐわなくても構いません。

また、話をしたくなければパスでもOKです。

司会も自分たちアルコール依存症者たちの中から選びます。

ワーカーさんも参加しますがミーテイング中は1人の人間として参加し1人の人間としてテーマについての話をします。

テーマはお酒に関することでなくても良いのです。

例えば、「ダイエット」や「3月」というテーマでも何でもOKです。

自助会では、言いっぱなし聞きっぱなしという暗黙のルールがありますが

病院でのミーティングの場合は仲間の名前も知っているし、ある程度の境遇も聞いているので親しみがわいてきたりするのでした。

私が通っている間にもデイケアに参加する人がどんどん増えてきて

アルコール依存症って本当に色々な人がいるんだな~って、改めて感じましたっけ。

でも、基本、良い人ばかりでしたよ(笑)

アルコール依存症の有名病院

自分がアルコール依存症だと思ったら、アルコール専門病院で治療することをおすすめします。

先日のブログにも全国の病院ナビを貼りましたが、そうは言え、どこの病院がいいのか分かりませんよね。

そこで、ここでは私なりに良い病院を探してみました。

久里浜医療センター

アルコール専門病院と言えば、久里浜医療センターと言っても良いくらい有名な病院ではないでしょうか。

アル中さんで久里浜病院を知らないなんてモグリですよね(笑)

アルコール専門病院と言っても、アルコールばかりを専門にしているわけではなく

薬物やギャンブル、ネットやゲームなどのあらゆる依存症患者を対象にしているようです。

私が通っていたクリニックでも久里浜病院での入院期間を終えてきた患者さんも多数いました。

また、久里浜病院ではアルコール依存症や大酒家の消化管発癌の診断や研究でも世界をリードしているのだとか。

ということは、アルコール依存症者の精神的な治療ばかりではなく内科的な治療にも大きな期待が持てるということですね。

久里浜医療センターの口コミ

投稿者さんの口コミ (女性)

待ち時間は長く、設備も古くて昔からのイメージも良くないようですが、医療費は安いです。そしてとても丁寧に診て話を聞いていただけます。

出典:EPARK

久里浜医療センターの詳しい情報はこちらから▼

・独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター

成増厚生病院

こちらもアル中さんの間ではかなり有名な病院です。

なんて言っても、「東京アルコール医療総合センター」と言うくらいですからね~。

こちらの先生のプチ講演を私が通っていたクリニックでお聴きしたことがあるのですが、絶対的な信頼感がありました。

普通、私たちアルコール依存症は生きているだけで迷惑をかけているようで肩身の狭い思いなのですが

成増病院の○○先生のお話を聴いて

「私たちはやり直すことができるんだ!」

「生きていていいんだ!」

と自信がついたのを覚えています。

良い医師に恵まれることも大事ですが、まずは、信頼のおける医療機関につながることが先決ですよね。

成増厚生病院の口コミ

おむすび (本人・40代・女性)

★★★★☆

東京こころとからだのストレスケアセンター(ストレス病棟・解放病棟)に2か月ほど入院しました。
ほぼ入院専門部門のようです。
総評として、診療内容・病棟の清潔さなど自分には良い病院でした。

出典:c  caloo

成増厚生病院の詳しい情報はこちらから▼

・翠会ヘルスケアグループ 医療法人社団 翠会 成増厚生病院 東京アルコール医療総合センタ

白峰クリニック

最後は私の通っていたクリニック、白峰(はくほう)クリニックです。

白峰クリニックは上記の久里浜医療センターや成増厚生病院のように大きな病院ではありませんが、それも良いところの1つです。

それだけ親近感があるというものです。

私が行っていたのはもう、13~14年程前になりますが調べてみると現在も同じ内容で診療しているようです。

上に書いたデイケアの内容もこの白峰クリニックで行われていたものなのですが、スタッフ等は入れ替わっているでしょうね。

場所は埼玉県の京浜東北線の与野駅下車、徒歩で5~7分なので通いやすいと思います。

それに何と言っても、院長先生が素晴らしい。

だって、うちのアウトローな旦那を相手にしてもひるまずに対応したのですから(笑)

お近くの方はぜひ、一度相談してみてくださいね!

白峰クリニックの口コミ

Luke (本人・40代・男性)

★★★★★

デイケアはリワークだけでなく悩みをみんなで話すミーティングやウオーキング、気功やアートの時間もあり気晴らしや認知療法などのプログラムを通して様々な気付きも得られると思います。
私は休職期間の7カ月だけでしたが、随分と心が楽になりました。
先生もスタッフも優しく受け入れてくれます。

出典:c caloo

白峰クリニックについての詳しい情報はこちらから▼

・医療法人 秀山会 白峰クリニック

以上、3つのアルコール専門病院をご紹介してきましたが、残念なことに

私は方向音痴なので、関東にある病院しか分からないのです(笑)

そんな無責任な私ですがここに全国のアルコール依存症専門病院の口コミが載っているサイトを貼っておきますね!

c caloo全国のアルコール依存症専門外来のある病院・クリニック(294件)口コミ・評判

また、費用については下の記事に書いてあるので参考にしてくださいね!

アルコール依存症の人数に対して治療してる人たちはどれぐらい?

さあ!

これであなたも安心。

治療は医療的な側面もありますが、心身のリハビリができます。

治療を受けることで本来の自分を取り戻すことができるのです。

心の傷を癒して、本当の自分を愛することができます。

そしたらもう、お酒なんて必要なく、やりたいことが見つかるはず。

お酒を手放して、元気に活動する自分をイメージしてみましょう。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

皆さまの心と身体の健康を心からお祈り申し上げます。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ド貧乏な家に生まれ、両親は離婚して更にド貧乏。やっと小金持ちの男と結婚できたと思ったらちょっとアウトローな男だった。 幼少期から、アル中になる素質、深い闇はあったのかもしれないけれど、結婚生活のさなか、キッチンドランカーから本格的なアル中に。子供3人育てながら毎日お酒、飲んでました…。あれからウン十年、今は全く飲んでいません。少しだけ幸せになれました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アルコール依存症からの脱却ブログ , 2021 All Rights Reserved.